挨拶をしっかり出来る会社は良い会社!感謝の気持ちを忘れずに

挨拶は基本だからこそ・・

挨拶ができなければ、社会人になることはできません。面接時、企業の方と向き合った時に挨拶ができなければ内定をいただくことはできません。挨拶はすべてにおける基本であるにも関わらず、それができていない場合は多いです。また、お客様にはしっかりと挨拶をするのに会社内では非常におろそかになっている場合もあります。一緒に居る時間が長い仲間同士なのにも関わらず、基本である挨拶がおろそかになっているのであれば良い組織とは言えません。

挨拶に先輩や後輩はありません。後輩が元気よく挨拶した末のリアクションが「ほい」などのものであれば真摯な対応とは言えません。次第に挨拶をしにくい環境になり、社内の空気が悪化してしまいます。


笑顔で明るくが基本!

後輩が先輩に元気よく挨拶するのは基本的で当たり前なことですが、先輩も後輩に積極的に挨拶をする必要があります。後輩は、常に先輩の動向を気にして、気を遣わなければならないので気持ちが張りつめています。そんな時に先輩から元気良く挨拶をされると、変な緊張が緩み良好なコミュニケーションをとっていくことができます。また、日ごろから社内で元気よく挨拶をしていれば、外に出た時にも自然な挨拶をすることが可能です。

会社は色々な人がいるからこそ、ちょっとしたことで不協和音が発生したり悪口やいじめに繋がる場合があります。挨拶は基本的なコミュニケーションでもあるので、お互いに元気よく挨拶を交わしていれば常に良いイメージで過ごすことができるのです。